ドイツ ドレスデンパルッカ大学 短期

 

昨年の尼崎で開催されました

YAGP2018J apanで

永井涼花がドイツ ドレスデンパルッカ大学の

短期許可を頂戴し

2/4〜12までの

1週間   行って参りました。

学校の前にて。

(左から2番目)

以下

 

永井涼花の感想です。

一一一一一一☆一一一一一一一一☆

1週間ドイツ ドレスデンのパルッカ大学の短期に行ってきました。

街全体がとても綺麗でしたが、空気が乾燥していて肌がガサガサになり人生初のパックをしました(笑)

初日にはドレスデン国立歌劇場バレエ団の

Impressing the Czar(インプレッシング・ザ・ツァー)」を有り難くも最前列で観させていただきました✨

 

平日のお昼間にも関わらず沢山のお客様が観にいらしていました。

公演作品は偉大なる振付家

ウイリアム.フォーサイス。

その中でも「インザミドル」がとても素晴らしく上体の付け方などがとても勉強になり私にはとても印象に残る作品でした。

バレエ団には日本人ダンサーも素晴らしくご活躍されていました☺

そして

期間中にお誕生日を迎えた子がいたので

誕生日パーティーをして、みんなでケーキを食べたり、食事は朝はホテルのビュッフェ、

お昼はスクールのカフェで食べ、夜はみんなでイタリアンや日本料理、ドイツ料理を食べに行ったりしました。(向こうではフライドポテトをよく食べました苦笑)

とても仲良くなったお友達と

スクールはホテルから30分ほど離れた所にあって、トラムとバスを使って毎日通いました。

(写真中央)

5日間のレッスンは毎日多くても2クラス。

(左側)

以前に行ったワシントンやジョフリーに比べては少なかったですが、

学ぶことがとても多く、

パルッカはクラシックはもちろんのこと、

コンテンポラリーにより力を入れているので、

スクール生のコンテンポラリークラスを見学したりもしました。

 

上級生は動き全てがとても滑らかでしなやかでした。

初めてインプロヴィゼーション(即興)を体験したり、コンテはクラシックとは違い型にはまっていないので自分の体をどう使うのかがとても勉強になりました。

御指導して下さった
先生がよく仰られていたのは、音楽に遅れないことと上体をもっと動かすこと、

タンジュひとつにしても丁寧に出すということ、

他にも沢山ありましたが、やはり基礎はとっても大事だということに改めて気付かされました。

また、

スクール生の日本人の方にたくさんお話を聞くことも出来、

自分の意見をしっかり持つこと、

今の環境を当たり前と思わずたくさんの周りの人に感謝することが大事で語学は分からなくてもジェスチャーでもコミュニケーションを取ることから始めるのが大切だと仰っていました。

最終日には朝にカンパニーのクラスを見学させていただいてからザイフェンというおもちゃの街に行きました。

(学校の校長ジェイソン.ビーチ先生と)

くるみ割り人形の工場やクリスマスのオーナメントや小さくて細かい人形や色々な種類のおもちゃが置いてあり、私もクリスマス用のサンタのオーナメントを買いました。

1週間ドイツに行っていつもと違う環境で生活をしてたくさん学び、吸収することがあって本当に良かったです。これからもパルッカで学んだことを無駄にしないよう1回1回のレッスンを大切にしようと思います。

永井涼花 アメリカ シカゴ ジョフリーバレエスクール短期

 

永井涼花が
昨年のYAGPで
短期許可を得
4/20より1週間
アメリカシカゴのジョフリーバレエスクールに
学んで参りました。
現地では
クラッシックの他
ピラティス、
モダン、
コンテンポラリー、
キャラクター等クラスを、

そしてプライベートバリエーションクラスを

受講し
朝から夕方まで
ノンストップで
昼食を摂る事もできないほど

とてもハードな毎日を送っていることもあり、
夕方からは在校生と一緒にレッスンをしたり
とても充実した期間を過ごしたよう。

参加した皆で撮影。

厚かましく一番前で真ん中。苦笑

そして手前のバーにいて残念ながら

後ろ向いてますが……

 

 

オーディトリアム劇場で
ジョフリーバレエ団の
コンテンポラリーの3作品を鑑賞。
なかなか興味深い、そして楽しい3作品だったそうです。

 

今回参加した人数は年齢層幅広く多かったようですが
高校生は少なく8名。

又厚かましく先生の隣。笑   向かって左側。

この日はお休みなのにも関わらずクラスを設けて頂いたそうです。

ショッピングもほんの少しだけできたようです。


現地では
様々な先生に教えていただいたことや、
外国での文化、空気を肌で感じ
自分で身の回りのことを全てした経験を吸収し
それらを糧に

今後に又繋げていってほしいと思います。

 

私に送ってくれた写真が食べ物ばかり。苦笑

 

ピザが有名だそうで。かなり美味しかったらしいです。凄いボリューム‼️  笑

永井涼花 アメリカワシントンスクール オブ バレエへ。そして…………。


永井涼花が
昨年
YAGPのコンクール日本予選
に於いて
有難い事に
アメリカ
ワシントンスクールオブバレエの短期(1週間)、サマー5週間の許可を
頂戴し
今回は
短期を選択。
(いきなりの5週間は彼女にとって精神的に重い為 汗
しかも きっとデブる 汗汗)

本日5/8日曜日

今朝5時半に家を出て
早朝の便で
伊丹空港から成田経由で
アメリカワシントンバレエスクールの短期1週間に
旅立ちました。16日月曜日帰国。

今回伊丹空港から

1人で飛行機に乗り
成田で他のメンバーと合流。

空港での手続きも本人自身でさせました。

image
この機会に一つ自立です。

image

乗り継ぎのチェックインカウンターが思いも寄らず結構混んでいました。早く到着してよかった。

余り時間もないのに

飛行機に乗る前にお腹が空いた、豚饅が食べたいと。^_^;

「551の蓬莱CAFE」に。さすが関西人。笑

image

残念ながら朝早すぎて未だ開店してない。(; ̄ェ ̄)

仕方がないので、おぼろ昆布おにぎり1つ購入して機内で。

私達のお見送りはここでお別れ。

image

image

 

短い期間ではありますが
常に感謝の心と謙虚な気持ちを忘れず
アメリカで経験し、自身色々と感じた事を1つでも次に繋げれるよう

そして1人の
人間として少しでも成長して帰国してくれる事を望みます。

帰国しましたら
あちらでの学校の様子など
又投稿したいと思います。

そして

私小百合は、その後スタジオに直ぐ様直行!

発表会の振り付け指導に大きな声を張り上げ全力で子供達と向き合いました!

又々必死のパッチ(死語ですね  苦笑)の振り付けにあたったため

小学低学年は撮影忘れる。( ̄ー ̄)また次回に。

高学年は何とか撮影出来ました〜〜。

 

imageimageimage終了後

毎回ですが私の身体は脱け殻に。

これで生まれ変われたら若返るのになぁ。笑

 

スタジオでブログを投稿し、先程

帰宅したらテーブルの上に紙袋……。

中を見たら、なんと!娘から3枚にも及ぶビッシリ文字が詰まったお手紙とハート型煎餅。

今日は「母の日 」…………

全く忘れておりました。(−_−;)

image

ビックリして嬉しくて、手紙読んで感動して号泣。

ブログで呆けてる場合ではないし、

早速 実母に!感謝の電話!  焦           ( 思い切り編集仕直し)

ワシントン・スクール・オブ・バレエ(アメリカ)短期・サマー許可

今週の12/9 水曜日
YAGP日本事務局から
有難い事に
永井涼花が
ワシントン.スクール.オブ.バレエ(アメリカ)より
短期 又はサマーの許可のご連絡を頂戴致しました。

以前に頂戴しました当スタジオの松原萌絵に続き2人目の許可です。嬉しい限りです。

誠におめでとうございます。
以前にブログにも書きましたが永井涼花は予選通過出来ずに
今年も「YAGPさようなら〜」
と遠い昔の様に感じておりましたのに
驚きと共に
頂戴出来る事感謝致します。

誠に有難うございます。

これを機に益々精進してくれる事期待したいと思います。

それで、

只今家族会議検討中………。

 

(YAGP日本予選スカラシップオーデション前にての永井涼花)

 

image

永井涼花イギリス名門ロイヤルバレエスクールサマー帰国

永井涼花が イギリスの名門ロイヤルバレエスクールサマーから7/28無事に帰国しました。

image

image

ロイヤルバレエ  スクール ホワイトロッジの寮の前

 

短い期間でしたがバレエを通して色々と沢山の事を学べて貴重な経験をして帰って来ました。

短い期間中なのにも関わらず背が伸びていました。笑

期間中の詳細は又後日改めて掲載させて頂きます。

image

スクール正面玄関前

永井涼花 イギリス ロイヤルバレエスクール サマーへ

永井涼花がイギリス の名門 ロイヤルバレエスクールのサマー(7/20〜7/25)に今年の1月末日、有難くも合格通知を頂戴し今日早朝旅立ちました。

私は8/29に向けてスタジオ発表会の指導の為、西宮北口駅前からのお見送りのみでした。

短い期間ではありますが、せっかく掴んだチャンス!少しでも吸収し,今後自身の成長の糧として貴重な経験をしてもらえたらと思います。

28日帰国後の彼女の姿が今から楽しみです。image image image image